不快なバストの寝汗を対策するための方法

バストが大きい人ほど、寝汗に悩まされているのではないでしょうか。人は、寝ている時にコップ3杯分の汗をかくと言われています。バストも、もちろん汗をかく部位です。

寝汗は、寝苦しさにも繋がってしまうので、まずは寝る前にできる対策をしましょう。寝る時、ブラジャーを着用している人は、コットン素材のナイトブラなどに切り替えてみてください。逆に、ノーブラも危険です。ノーブラで寝てしまうと、バストの形も崩れてしまいますし、汗を吸収してくれるものがありません。そして、パジャマもコットン素材にしておけば、肌にも優しいので、素材には気を付けてください。

また、ベビーパウダーをバスト全体に付けておくのも効果的です。パウダーが汗をしっかりと吸収してくれますし、汗をかいたとしても、不快な臭いを発することがありません。もちろん、ベタベタして寝苦しいということも避けられるので、特に夏場は必須アイテムと言って良いかもしれません。ふんわりと赤ちゃんのような良い香りもするので、オススメです。

バストは、汗をかくとその汗がたまりやすい場所でもありますし、バストにできるニキビの原因にもなりかねません。

朝起きた時に、汗をかいている感じがした場合は、サッとシャワーを浴びてしまうのも、一つの手です。

汗を全て洗い流せば、気持ちの良い一日を迎えられるはずです。

ただ、こちらでご紹介させていただいた方法を実践しておけば、今までのようにバストの寝汗に苦しむということは、一気になくなるでしょう。

簡単にはじめられることばかりですので、ぜひお試しください。

ダイエットをしながら自然にバストを減らす方法

バストが小さいことを悩んでいる人がいるように、バストが大きいことが悩みのタネになっている人もたくさんいます。

バストが大きい人は、ダイエットをする時に、バストダウンを望んでいることも珍しくありません。やはり、美しいバストというのは、体とのバランスも大切です。
体だけ痩せて、バストがそのままだと、せっかくダイエットをしても太って見えてしまいます。

綺麗にバストダウンをするのに有効なのは、有酸素運動です。バストの9割は脂肪で構成されています。脂肪を効率的に燃焼してくれる有酸素運動というのは、バストダウンに効果的という訳です。スイミングやウォーキング、ジョギング、エアロビクスなど、有酸素運動にも様々な種類があるので、続けやすい方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

そして、食生活の面でもバストダウンに効果的な方法があるんです。バストアップのために乳製品や大豆製品が有効という話はよく聞きますが、バストダウンをしてくれる食べ物の話は、あまり聞きませんよね。バストダウンに効果のある食べ物は、かいわれ大根やコーヒーをはじめとするカフェインを含む飲み物などです。

また、大豆製品などバストアップに効果のある食べ物をあまり食べ過ぎないようにするという方法も有効です。

そして、カロリーコントロールをすることも有効です。カロリーを摂取することを控えると、体は脂肪でそのカロリーを補おうとします。バストもほとんどが脂肪でできていることから、バストの脂肪で補給しようとするので、自然とバストダウンを期待できるという訳なのです。